人気ブログランキング |

2011年 05月 08日 ( 34 )

b0217090_19261747.jpg幹事の私がだめだめの企画でした。
しかも、私は登りませんでした。
しかし、シロコロは食べました。ハ〜〜〜。
by kazetsuki | 2011-05-08 19:28

b0217090_1921110.jpg台風接近も午後には晴れるとの予報通りの天気であった。
ただし、最終参加者がかなり減り登りなしのプランを実施しバスで越生駅を後にする。

期待していたのは雨後のため水量が多いと予想。ズバリ当たりでした。
特に男滝が水量は抜群でした。

店に持ち込みOKもらい昼食を食べ、味噌こんにゃくが美味で柚味の味噌が絶妙でした。

ごちそうさまの後は豆腐を買いに藤屋へそして所沢でNさん夫妻と合流し宴会開始である。

参加者:5人
今回のコース:10:30越生駅集合ー10:49バス発ー11:10黒山三滝バス停着ー11:24天狗滝ー12:14~12:40昼食−13:14バス発ー13:32黒岩バス停着ー13:37藤屋ー14:15越生駅発ー15:30所沢駅着ー宴会

藤屋HP
http://www.otoufuyasan.com/
by kazetsuki | 2011-05-08 19:22

b0217090_1914185.jpg7月某日、Oさんから招集がかかり有楽町に各面々が集結する。そうです、山です、泊まりの山です。8人定員でしたが結局6人で決行です。
幹事はOさんで数度のメールのやり取りで当日を迎えるも、実施数日前から私は風邪で不参加覚悟も日に5食+ユンケルと食いまくり何とか追っ付けました。と思っていたら別なOさんも大きな痣をつくってしまい不参加にしようかと思っていたようで恐ろしや恐ろしやであった。
2000m越えは何とも心躍るもので、且つ当地は縞枯(しまがれ)現象が有名で、縞枯山とそのままの名の山もあるくらいメッカでそれを見ることも楽しみの一つである。
当然高山植物も楽しみであるが、花期はだいぶ過ぎたものも多いいですが。

あずさは新宿駅集合の5人、八王子からの1人を乗せ茅野に向かう。
バスもそれほど混まず座れ一安心し、車窓からの風景を楽しみ麦草峠に着く。まずまずの天気であったが、さすがに2100m以上の地は少し風が吹いただけで寒い。早速昼食に入りOさん用意いただいたワインで乾杯、コンロで湯を沸かしスープを飲む。高山での贅沢な昼食を終えまずは雨池を目指す。
木道が通してあり楽な道が続き、“ 苔むす”と、あるサイトでは表現していたがまさしくそのような中を行く。気分はヒョイヒョイである。しかし木道が終わると大きい石の登山道にかわり、ここから私はへたれが顔をのぞかせてくる。“やっぱりきつー”。しかし、Kさんは本人曰く下りは大好きなようでヒョイヒョイ行くし、ダブルOさんは堅実に、Mさんは確実に、Nさんはひょうひょうとみなさん強い。かく言う私はザックは13kg。
フー、ヒー(小杉さんか、逆か)で雨池で記念写真、Kさん写真いやがらないの。
その後進むも標識があったが、どうも登山者は使っていないのか笹で覆われ進めず、池の横を進む。正解であった。しばらく進むも目の前に直登…。でも幹事Oさんの上がれば林道の一声でヒーコラ登る。
林道上がり途中で見えた縞枯は美しかった。
林道は割と平坦で何とか(何とかは私Sのみであったが)予定通り双子池ヒィッテに到着。ここで部屋割り後雄池背景に小宴会を催す。しかし、トンでも人間に私Sがなってしまった。酒を飲んで、き、き、気分が悪くなり早期退場となってしまった。すみません。しかし、夕食時は復活し元気になったと思いきや、幹事Oさんが私主催で0時から星の観察会をしますと宣言。え、え、え”〜星わからない。と思っていたらちゃんとOさん星座グッズを持参済みであった。
またしかしである。誰も予想していなかったが星どころか雨が夜から降り始め星座観察会は?明日の山行は???カッパ!

起床、やはり雨。コーヒータイムを設け出発時間を30分繰り下げ8:00スタート。
お世話になりました!
コースも双子池・ロープウェイ分岐からロープウェイ山頂駅を目指す。そこから北横岳にへのルート変更。きっと幹事Oさんがいなければロープウェイでとっとと帰っていたであろう私たちであった。
だいぶ雨もやみカッパの上着は不要であった。私はロープウェイ分岐の登山道でへたれ全開でした。付いていくのがやっとです。高山植物が…。
途中縞枯山荘のオーナーに無理に頼み込んで貸していただいたトイレありがとうございました。

山頂駅到着後、北横岳目指すもKさんザック合わずリタイア、残念。
しかし、どんどん登りに難儀しキツい、何度“やーめた”を言おうと思ったが高山植物が…。

遅れること10分、やっと北峰に到着、う、寒いが、一人だけ大汗をかいていた。
早々に下り、北横岳フュッテに戻り木製テーブルでOさんご用意いただいた軽食セットを食し、腹も落ち着きKさん待っている山頂駅へ下山です。

何とか終了です。… … … フー。
Oさん幹事お疲れさまでした、ありがとうございました。
次回もお願いします。

参加者:6名
今回のコース:8/8 08:00あずさ新宿駅発ー10:07茅野駅着ー10:25茅野駅バス発ー11:35頃麦草峠着−11:35〜12:10食事ー12:10麦草峠発ー12:15雨池方面木道ー13:30雨池着ー13:35雨池発ー14:21双子池・ロープウェイ分岐ー15:25頃双子池ヒュッテ着ー16:00頃小宴会ー17:30夕食ー19:00就寝
8/9 05:00頃起床ー05:35朝食ー07:05コーヒータイムー08:00出発ー09:20双子池・ロープウェイ分岐ー10:04縞枯山荘ー10:28ロープウェイ山頂駅ー10:40坪庭発ー11:10吊り橋ー11:50北横岳ヒュッテー12:07北横岳南峰着(2471m)ー12:24北横岳南峰発ー12:35-13:05北横岳ヒュッテ(軽食)ー13:45ロープウェイ山頂駅着ー14:20山頂駅発ー14:27ロープウェイ終点着ー14:57バス発ー15:50頃茅野駅バス着ー昼食ー17:28あずさ茅野駅発ー19:35新宿駅着ー解散
by kazetsuki | 2011-05-08 19:15

b0217090_18562812.jpg暑い!!!
早めに駅に到着したがあまりにも暑くビールでも飲もうとしたが、アルコールを入れると熱射地獄になるのでやめた。
全員集合し東京スカイツリーに向かう。
公式HP7/17現在の高さは398mという。

ビール!ビール!、アサヒビール吾妻橋ビル21Fの店に向かう。
黒生を頼む、美味い!!!!!
眺望もよろしく、隅田川の花火大会時は満席で入れないという。スカイツリーの眺めもいい。
店を出てダレながら歩くこと40分、今戸神社の招き猫が我々を迎え入れてくれる。招き猫・縁結びの神社でHさんが女性が多いといっていたが、むしろ女の子といった感じの若い子たちのスポットのようであった。
神社2つ、吉原をやり過ごし本日のメインに到着。

本とさや、本日のメインである。特上カルビの旨さは絶品。炭火使用であるがそれほどの熱さも感じずただひたすら、肉、ビールを繰り返した。一人6,000円ちょっとは安い。
本とさや 台東区西浅草3-1-9
本館 TEL03-3845-0138
別館 TEL03-3843-1129

満腹でOさん夫妻と帰ろうと思ったが、浅草寺がラストなので同行した。混んでいることは当たり前であるが、改修中であったことは惜しかった。
暑さで酔いがいつも以上にまわったが心地よく帰路につく。
ビールオンリーで過ごしたのはもう何年ぶりだろう、記憶にない。


参加者:6名
今回のコース:11:00本所吾妻橋駅ー11:20東京スカイツリーー11:37アサヒビール吾妻橋ビル21Fー13:20今戸神社ー13:59神社ー14:30本とさや(焼き肉)ー16:20立浅草寺ー16:45解散
by kazetsuki | 2011-05-08 18:58

b0217090_18433013.jpg城ヶ島、話では聞くが行ったことは無い人は多いという。ナイスチョイスのHさん。
かく言う私も初めてです。
個人的には海岸沿いの植物を2、3見られればいいと思って臨んだ。
天気は曇りで時々雨がぱらついたがこの時期ではいたしかたがない。

品川駅9:30集合、三崎口からバスで三崎港に着き軽く見学し食事に。至る所にマグロ、マグロ、マグロでマグロ好きにはたまらない場所であろう。食事も2種のマグロとイカの三食丼を頼んだ。当然ビールも。うまい!
マグロも色々な部位が食べられるとは、当然といえば当然であるが驚きである。Nさんが漁港で買った目玉は手が出なかった。他、腸、心臓と研究し尽くす民族である。

海上タクシーで城ヶ島へ。海岸沿いは歩きずらいが、岩盤は滑らないので注意すれば問題は無い。植物もいくつか見られ満足、満足。無事散策も終了しバスの時間まで休憩。公園内はネコが適宜みられかわいいもんである。

有志で藤沢の浜料理の宴会場へ。焼きホタテも美味で満足した一日であった。


今回のコース:09:48品川駅発ー10:59三崎口駅着ー11:17ころバス発ー11:40ころ三崎港着−12:00〜12:45昼食ー12:58〜13:01船ー城ヶ島散策ー15:00〜15:40休憩ー15:50バス発ー16:20三崎口駅着ー17:50ころ藤沢駅着ー宴会
参加者:13人
by kazetsuki | 2011-05-08 18:46

b0217090_18333459.jpg朝は寒い感じもしなかったが、天気予報通り最高気温は一桁+午後には強風で寒さが肌を刺す。
バスで砂町商店街に向かう。
個人的にはハムカツを食べにきたが、焼き鳥+酒の宴会が始まるもアウトドアースタンデングバー状態で寒い。満腹状態でハムカツを3枚食べる、美味いがもう腹に入らない。
中乃橋商店街に向かう。こちらはこじんまりしたより地域に密着した感じで素通りする。
次なるは亀戸水天宮に向かう。
まだ梅は綻(ほころ)び初めで壮観さは無い。しかし、今日の気候とは違い確実に春は近づいてきている。
押上駅に向かい東京スカイツリーを望む。2/1現在の高さは289mという。

鳥房、本日のメインであるがちぃーと気まずい思いで終わってしまったが、混む並ぶの人気店は味は確実に美味い。若い人には十分堪能でき、安くて満腹感は十二分にある。
マックでお茶し、商店街を見、解散である。次月も宜しくお願いします。

今回のコース:11:00門前仲町駅ー11:30頃砂町銀座商店街ー13:00砂町商店街発ー13:30頃中乃橋商店街ー14:30頃亀戸水天宮ー15:30頃押上駅発ー15:40立石駅着ー16:00〜17:10鳥房ーお茶、商店街散策後解散
参加者:10名
by kazetsuki | 2011-05-08 18:37

銀つね倶楽部 某所

b0217090_18211216.jpg火がテーマです、と格好付けるわけではありませんがIさんの趣味で今回の催しとなりました。
日本海側はしばらく荒れていて、この日も太平洋側の最高気温は6度と気温の底であった。家から出ると寒気が肌を刺しかなり厳しい行事となると覚悟した。
しかしながら、まあなんとか楽しく過ごせたが、アメリカセンダングサの攻撃には辟易した。
買い出し、薪ひろいをし着火し焚き火を始める。
Kさんイワシをご持参いただくもフライイングですよ。まだ炭ができていません。しかしこのイワシ美味い。や、Oさんのご実家のシカ猟の話、Iさんのご準備の話など楽しく過ごさせていただきました。

次月行事も宜しくお願いいたします。
by kazetsuki | 2011-05-08 18:21

佐久 2009.10.17〜18

b0217090_18123192.jpg会社のNさんが佐久地方に手作りのロッジを建てておられ、遊びにいく運びとなった。
社内4人、社外2人、計6人の構成である。
私はオーナーと前日からの宿泊となった。夜中の到着となったが、よくぞここまでできたものと感心するばかりであった。
楽しいお酒をいただき就寝。

翌日、7時近くの起床となりあまりにも遅く起き不覚をとった。
おいしい朝食をいただき近くを散策する。
とにかく新しく訪れた土地は目新しく、興味が尽きない。
11時過ぎ後発メンバーが到着し12時過ぎに山登りに向かう。
しかしながら、私がリタイヤ、道が不明などあり下山の運びとなった。ただ、天候が荒れ結果下山してよかったとは言っていたが、私に対しての気遣いでただただ気持ちの中で頭を下げるのみである。

Nさんが佐久に買い物に行っていて、ロッジのまわりで食事し、Nさん戻ってきた後は食事の下ごしらえをNさんが終わらせ近くの温泉で汗を流した。

最大のイベント宴会である。気遣いのOさんがパーティーグッズをご持参いただき、仮装をする。(Iさんの厳命により写真掲載は不可)

18日後ろ髪を引かれつつ、十国峠、下仁田のまるへいのこんにゃく加工品を購入し解散となった。

ただただ、驚きの連続の私は3日間であった。

まるへい http://gamnavi.jp/town/13928/index.html
by kazetsuki | 2011-05-08 18:14

b0217090_17542236.jpgこの会の多くのお知り合いのSさんが正丸峠にコテージを開き、ご挨拶がてら山登りをKさんご提唱のもと実施しました。

私は飯能駅から無事に乗車。 心配事が一つ。 Kさんは東飯能駅から乗車。さてさて、東飯能駅着、Kさんどこに。皆様で探していると階段から駆け込み乗車、ギリギリセーフ。後はしばらく酒の肴にされたことは言うまでもありません。

電車の途中、雨になり、秩父のホルモン、引き返すなど楽しい会話は続くがなんとなく止みそうで正丸到着後、準備完了の後スタート。
さほど苦しい行程もなく約1時間でガーデンハウスに到着。しかし、石が多い道なので靴はしっかりしていた方がベターと思う。
喉もいい状態で小宴会に進む。私は調子こいて4杯もビールを飲む。普段よほど暑くならなければビールは飲まない私の個人年間消費量のおそらく15%は今回で消費してしまいました。
初参加のOさんもご満足?いただけたのではないでしょうか。
しかし、夏は汗っかきの私は大量の汗をかき大変です。


打田鍈一 新・分県登山ガイド10『埼玉県の山』山と渓谷社
 
今回のコース:10:04池袋駅発ー11:34正丸駅着ー11:50正丸駅発ー13:10正丸ガーデンハウスー小宴会ー14:40ガーデンハウス発ー15:40正丸駅着
参加者:5名  
by kazetsuki | 2011-05-08 17:55

b0217090_17404138.jpg天気はやや不安定であったが、風は弱く気候はちょうど良い。

電車に遅れがでて、Mさんが若干遅れるもほぼ予定通りの出発である。
里山には花が咲き乱れ気分を和ませる。
北朝鮮のミサイル問題も何のそののんびりと進む。

当初参加予定者は10名以上の予定であったが、結果7名とちょうどいいくらいの人数になった。
里を歩いている時は軽快に進むも、林道にはいれば息はあがりっぱなしである。
当初はあまり山になじみのないMさんの荷物くらい持ってやろうかくらいの傲慢な気持ちであったが、てんでだめだめでした。Kさん(♂)が軽快に飛ばし、Mさんそれにくらいついていく。びっくらこきました。
やっと官ノ倉山山頂に到着し、ワインをあけて乾杯。やっぱり飲んでしまった。
女性陣が多いと食事が豪華で食べきれないくらいの量であった。感謝感謝。食事を堪能し石尊山で記念撮影。後は下るのみ。しかし皆さん強い、一人ただへばっていた。AさんKさんMさんは登り慣れていて当然のこととしてもKさん(♂)の早さは驚いた。

いい会であった。
しかし、東松山で飲んでしまった。


打田鍈一 新・分県登山ガイド10『埼玉県の山』山と渓谷社

今回のコース:12:10東武竹沢駅発ー12:38天王(てんのう)沼(池か沼か参考文献により違う)ー13:13官ノ倉山ー昼食ー14:20官ノ倉山発ー14:30石尊山ー16:00頃小川町駅
2009.04.04 官ノ倉山(かんのくらやま) 344.7mー石尊山(せきそんさん) 344.2m 
参加者:7名  
by kazetsuki | 2011-05-08 17:42 | 奥武蔵