舞岡公園 横浜市戸塚区 2012.01.07

おはようございます

やはり朝6時にしか起きることができませんでした。桜草公園残念。ただ、雲が多く焼ける感じはイマイチと思いましたが、ただこればかりは行ってみないと分かりません。

舞岡公園、広範囲の一帯を公園にし自然保護区も5ヶ所にも及ぶという。一帯は有料の場所はありませんが(たぶん)場所により入場は月により時間制限があるので要注意です。

舞岡駅からのアプローチは里山の風景を広がり、とても横浜とは思えないような世界に引きこまれてしまう。雑木林の風景は里山の象徴であるが、かつそれほど多くの里山を見ているわけでもないのですが、どうも本来の植生の照葉樹林帯の地には竹林が目につくのはなぜでしょうか。越生(おごせ)もそうですがやはり竹林が目立つような気がしてならないのですが。それと篠は和竿制作者には大切な地なのでしょうか。

散策には戸塚からバスより、舞岡駅から徒歩をお勧めします。車歩分離がしっかりしていて危ないことはないと思います。随所にトイレ、水飲み場があるので快適ではありますがスズメバチ、蝮はご注意ください。

写真撮影、点のポイントは別にして、さくらなみ池、宮田池周辺とその先の田んぼはポイントと思います。ただ、私は朝は前泊しないと無理なので昼、夕しかターゲットにはなりません。この時点で判断することは大切ですが幅を狭める必要も無いので季節には注意しますか。

しかし、鳥の人はここでも大盛況でした。

写真はその田んぼです。


b0217090_8352833.jpg

b0217090_8354836.jpg

b0217090_8364671.jpg
b0217090_8362523.jpg
b0217090_8361216.jpg

by kazetsuki | 2012-01-08 08:36 | 湿地・湿原・沼・田んぼなど