鱒沢川 会津 釣りではないが 2009.05.05

やまゆきかわゆきのご主人にだいぶ奥まで送っていただいた。MTB付きで。
天気は昨日に続き微妙でポンチョをバックに忍ばせる。
鱒沢の林道ウォークあまり他の方はしないでしょう。

源流域を歩くのは未体験で少し上ることに決めた。
森は芽吹きはじめで淡く中間色の世界が気分を和ませる。MTBを押し登るもそれほど汗は出ない。写真を撮りながらの行程なので11:00を目処に下ることにした。たいして上れなかったが。
下りはMTB、歩きのミックスで15:00舘岩川との出合いを目指す。どうせ保城から高杖原(たかつえはら)の坂はMTBに乗って帰ることはできないので出合いからの歩きの時間は1時間30分ですむはずである。
林道は石がきつい場所もあるが行政が踏み固め、車も通れるので歩くことは問題はない。
上流部には水場がありここで水を補給。久しぶりに鱒沢の水を飲んだ。美味いことに変わりはないが、汗のかき方が不十分で、“ あ〜”がでなかった。
釣り客はもちろんのこと、オフロードバイク、MTBの方にも人気の林道である。春この時期も楽しいが、紅葉の時期に訪れても十二分に堪能できる。

2009年春の宴(うたげ)は終わった。

神の存在を信じない私ですが、この中間色の薄いが存在感のある色はまさに“神のキャンバス”である。

後は写真のみ2回アップします。

b0217090_2172510.jpg

b0217090_2171480.jpg

b0217090_217272.jpg

b0217090_216487.jpg

b0217090_2163159.jpg

by kazetsuki | 2011-04-24 21:13