尾瀬 2012.07.16

今週末出掛けもせず、写真重複していたので差し替えます。たいしてかわり映えしませんが。ハハ



今週末はどこぞへ出かけますので、お許しを。1ヶ月前の写真は人を配した尾瀬でも。…

ホンでは今週末。

b0217090_22482367.jpg

by kazetsuki | 2012-08-15 22:01 | 湿地・湿原・沼・田んぼなど

そして、湿原の別格尾瀬。
私がとやかく言う資格はないので(尾瀬は御池からのルートしか行っていませんので。)他サイトなどをご参照下さい。ただ、御池付近も時間が余ったら行ってみてください。過去にも書きましたが、駐車場裏の燧ヶ岳(ひうちがたけ)入口すぐ奥はお花畑です。また、沼山峠までのバスを利用された方は上からブナ平の説明を受けた方もいると思いますが(バスの中で一度私も受けました。福島県関連の方?記憶が曖昧ですみません。)、中を見るのであればミュウジアム横から入るとブナ林が濃密に存在します。小さい湿原も点々と存在しますがブナを楽しみたい方で、御池で少し時間が余った方にはお勧めです。ただし、メインにはできません。

案外多いのは尾瀬行きましたからもういいです、と言う方は多いですがルートが多岐にわたりそこが全てではないのでどうぞもっと色んな尾瀬を見てください。尾瀬のなかで泊まった事がない人間が言うのもなんですが。

奥会津(旧田島町、舘岩村、南郷村、伊南村、檜枝岐村、昭和村辺り)の湿原は尾瀬、宮床湿原、矢ノ原湿原、駒止湿原、田代山湿原と思います。他は旧田島町にある黒岩湿原(場所がよく分かりません)もありますが。尾瀬は別としても湿原はキツいアップダウンなく広い駒止湿原でも2時間程度見ておけばいいので温泉、銘水と絡めて行程を組むのも楽しいと思います。

花は尾瀬を除きヒツジグサは圧倒的に矢ノ原湿原をお勧めします。案外ネットでは排他的な面を強調されますが今年の春行ったらそうでもなかったでした。進入禁止用のロープもなくなっていましたし。
コバイケイソウ、ワタスゲ、ニッコウキスゲは駒止湿原をお勧めします。
宮床湿原は湿原が小さく特徴が分かりずらいですが、この地域どこにでもいるハチョウトンボを唯一見られたのはここで、カキランもここでしか見ていません。狭い分、色々なものが見られる、見つけやすい場所と思います。量販店など広い売り場は品物豊富ですが見つけるのに時間がかかる事と同じなのかもしれません。ましてや、自然相手なのでいる、見つけられるのは絶対ではないので。当然店員もいませんので聞く事もできません。宮床湿原は清水山自然公園(ヒメサユリが有名。有料確か300円くらいだったか?)等と絡めれば随分おもしろいと思います。
田代山は素人にはキツい感は否めませんが、それ以上のものはかえってくると思います。

花を基準に行楽地を選ぶ場合は、何の花でも見てやろう、と思う人はどこでも楽しめると思います。ただ、観光地としてその地に行かれる方はワタスゲ、ニッコウキスゲ、ヒメサユリなど柄の大きい花が咲く時期の訪問をお勧めします。どうも小さい花はあまり万人の共感を得ないようです。サワラン、トキソウ、ツルコケモモなどいいのですが。

そして秋。草紅葉、紅葉がこの地を覆います。紅葉の名所は枚挙にいとまないですが玉川渓谷、鱒沢渓谷、田代山林道とどこをとっても時期を誤らなければ大満足と思います。
草紅葉とセットでぜひ訪れたい時期はズバリ10月半ばから下旬です。ただし、高山はみぞれが混じるので防寒も十分ご準備下さい。

本当はさ〜、風景写真を標榜するのであれば冬も含め四季が必要ですが…。

尾瀬沼
b0217090_8464825.jpg

by kazetsuki | 2012-08-11 09:39 | 湿地・湿原・沼・田んぼなど

登りなれている人にはたいした山でもなく、猿倉橋から帝釈山までの行ってコイでも5時間切る人はざらです。しかし、私を含めそうではない人も結構登る山で、シーズンはひっきりなしに登山者が訪れます。ルートはいくつかあるので要確認。猿倉橋、木賊(とくさ)、馬坂(うまさか)峠。

この湿原の魅力はやはり山頂全体が湿原であることです。地形的にも珍しく当然湿原の種類は高層湿原(貧栄養)です。ガスがかかっていると(今年は体験で来ませんでしたが)幻想的な風景が広がり、弘法沼の名称はいつからつけられたかは不明ですが、木賊からのルート、弘法の名称を考えれば信仰のやまでもあったかもしれません。そして湿原=楽園の構図もあながち的を外した感想でもないかもしれません。

オサバグサを見るのであれば馬坂峠〜帝釈〜田代山がいいと思います。
チングルマ(群生しています)は6月半ばから、ニッコウキスゲは7月初旬から(今年は多分遅かったと思います)、キンコウカは7月なかばから?自信はないので各サイト、観光協会で確認してください。

http://www.minamiaizu.org/kanko/detail.php?id=28&cid=13

馬坂峠起点
http://www.oze-info.jp/tashiroyama/

写真は2010年10月3日 弘法沼
b0217090_21411934.jpg



参考 
木村英昭・足立朋子『国立公園は誰のものかールポ新尾瀬を歩く』彩流社
*田代山のことを書いている珍しい本です、
by kazetsuki | 2012-08-09 22:07 | 湿地・湿原・沼・田んぼなど

好きな湿原、東日本第3位というのは、日野東さん。(1位群馬尾瀬、2位北海道雨竜沼湿原)プロも(多くの湿原を見られた方)認めた自然の宝庫。
飽きない!広い!豊富!!(高層湿原から低層湿原+ブナ林)
ニッコウキスゲ、ワタスゲが有名です。コバイケイソウも何年かに一度爆魚、いや一面に花を咲かせる事もあるようです。
時期を読むのは難しいですが、概ね6月下旬から7月中頃までが何かしらの時期に当たると思います。

南会津町
http://minamiaizu.org/kanko/detail.php?id=9&cid=10


昭和村
http://www.vill.showa.fukushima.jp/nature.stm


b0217090_20592489.jpg



参考
日野東『東京日帰り 水ウォーク』小学館文庫
by kazetsuki | 2012-08-09 21:32 | 湿地・湿原・沼・田んぼなど

矢ノ原湿原(やのはらしつげん) 福島県大沼郡昭和村


この湿原の凄いところは、トイレ、水場があることです。
木道は今年の春行った時には荒れているところもありましたが、豪雪地帯の奥、おそらく何度見ても飽きない風景なのでしょう。ただし、ここも時期を誤ってはいけません。そう、ヒツジグサの時期です。午後二時に咲く花といいますがそんな事はないので自由に見に行ってください。
昭和村の水の銘水巡りとあわせれば観光地としてはポイントは高いと思います。

しっかし、ここでもこの1枚が撮れません。ハハ

b0217090_14543762.jpg


b0217090_1454153.jpg

by kazetsuki | 2012-08-05 15:03 | 湿地・湿原・沼・田んぼなど

奥会津 湿原

こんにちは

すみません、更新しなくて。

まとめ、会津の湿原!



宮床湿原(みやとこしつげん) 福島県南会津郡南会津町
http://www.minamiaizu.org/kanko/detail.php?id=4&cid=17

この湿原狭くて、1時間強あれば回れますが、侮っては行けません。伝上山、ヒメサユリの季節(南郷スキー場斜面、ただし季節を考えないと残念な結果になりますが。)とあわせればかなりの時間を遊んでもらえると思いますが私は宮床湿原しか行っていません。ハハ
ここの湿原が凄いのは、オヒルムシロ、ヒツジグサ、ハッチョウトンボまで見られた事でした。
ヒツジグサは矢ノ原湿原には及びませんが見ておきたい会津の湿原です。


b0217090_14295578.jpg


ハッチョウトンボ
b0217090_14295822.jpg

http://www.minamiaizu.org/kanko/detail.php?id=4&cid=17
by kazetsuki | 2012-08-05 14:42 | 湿地・湿原・沼・田んぼなど